2018年05月24日 修理・分解・工具

iPhoneが壊れた時の修理方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb jz040 350a

iPhoneが壊れた時の修理方法の入門編です!

通勤・通学から旅行先まで、どこへでもいつも一緒のiPhone。
毎日持ち歩くから、気を付けていてもたまたま運が悪くて落とすことがあります。
その結果、画面が破損してしまったということはあると思います。
「やってしまった!」という心理的ショックと「さて、これからどうするか?」という現実的な不安で、そうとうへこんでしまいますね。
今や一般のノートパソコンよりも高く、パーソナルなデータやお気に入りのアプリを入れて、自分とともに成長してきたiPhone...。
捨てるわけにもいかず、できれば何とか修理して使い続けたい。
そんな困ったときの修理方法について紹介しましょう。

iPhoneは修理できる?

そもそもiPhoneは修理できるのか?
そのような根本的な疑問を持っている人もいると思います。
破損の程度にもよりますが、基本的には修理できます。
ロジックボードという生き物でいうと脳とか心臓にあたる部分が破損してしまった場合以外は修理可能です。
破損が著しく酷い場合は交換という手段もありますが、とてもお高いです。
ただし、Appleで交換可能と判断されるためには「原状回復可能」となっている必要があります。
Appleはパーツ等を流用して再生品(リファービッシュ)として少しだけ安くして販売することがありますが、この時に流用できるレベルが「原状回復可能」です。
これは想像するよりも相当酷い状態でない限り大丈夫そうです。
具体的に言うと
工事現場で落として踏みつけてしまいポケットに入れておいたが、それを忘れて汚水に水没させてしまった。取り出してみると”げぇっ、これがiPhoneか。。。
ということでもない限り、大丈夫のようです。

まとめると、本体交換という選択肢を入れるなら、よほど酷い状況でないかぎり、修理は可能です。

iPhoneの壊れ方は?

iPhoneが壊れるというのはどういう状態なのでしょうか?
これが意外と人によって違うようですので、ちょっと整理しておきますね。

ドンマイ(Don't mind)レベル

次のような状態の時は気にならなければそのまま使い続けてOKです。
・靴を履いているときにポケット等の低い高さから落下させて角や背面が少しヘコンだ。
・画面オフにしていると気づかないが、何も映っていない黒い画面だとわかる細かい傷がある。
・細かいチリや汗による変色が原因と思われる、細かい傷・シミが背面にある。

Large thumb img 2929

ドンマイじゃないでしょレベル

次の状態の時は見た目は「強がり気味ダイジョブ」でも、使い続けることは危険です。
・立ってスマホを操作しているときに手がすべてって落下させてしまい、角または背面が1ミリ以上へこんだ。
→ 物理的に内部パーツが圧迫され、パーツが外れるあるいあショートする等の可能性が高く危険な状態です。特に電池を圧迫していると破裂の恐れも否定できません。
・画面ガラスの角から細かいヒビがいくつか入ったが、表示に支障はないレベルで、タッチ操作にも支障はない。
→ iPhone自身に問題がおきるというより、使っている人の手や顔が危険です。細かいヒビから出た小さなガラス片は手の指紋に沿って刺さり、チクチクした痛みにつながります。
また、顔につけて通話することもあると思いますが、顔の皮膚にささる可能性があります。

Large thumb img 2931

誰が見てもまずいというレベル

・外装の一部が欠落して内部部品が見えている。
・画面が破損していて、画像なのか文字なのかわからない状態になっている。
・タッチをしてもアプリが起動しているのか、文字入力がされているのかもわからない状態です。

まとめると、破損には大きく分けて見た目も本体内部も大丈夫なレベルから、見た目も内部もまずいレベルがあり、中間の「ドンマイじゃないでしょ」レベルから修理をした方が良いということです。

iPhoneって、どうやって修理する

iPhoneの修理方法を大別すると次の2つになります。

パーツ交換

iPhoneの修理は画面ガラスや、タッチパネル用のデジタイザ、バッテリ、指紋認識用のタッチセンサー、スリープボタン等々部品レベルでの交換です。
「誰が見てもまずいレベル」であっても、音楽は聴けたり、画面で何かが表示されていることはわかるというレベルであれば、ほぼこの方法で大丈夫です。
修理する時に意図的に消去しない限り、内部に保存したデータが消えることもありません。

Large thumb img 2927

本体交換

脳や心臓がのっているロジックボードが物理的・電気的にダメージを受けている場合はロジックボードを交換するか、他の破損パーツの状況によっては本体交換となります。
この場合は、データーを入れるメモリも含めた交換になるので、内部に保存したデータは消えますし、費用も新品購入価格1/3~1/2以上と高くなります。

Large thumb img 2930

どこに修理を頼めばよい?

大きく分けてApple正規系と非正規系があります。

正規系

正規系はApple Store、キャリア系(ソフトバンク、ドコモ、AU)、正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラ、ビックカメラ他)があります。
Appleストアはトレーニングを受けた専門家が対応してくれます。
キャリア系は直営ショップ(ソフトバンクショップ等)に店頭受付となります。
正規サービスプロバイダはAppleの認定を受けた専門家がいる店舗です。
正規サービスの場合は保証も受けられ安心ですが、保証を受けるための様々な基準があったり、費用も高めですから、そのことは了解しましょう。
例えば、保証期間内の電池交換については蓄電率が50%以上と判定された場合は、交換されずに送り返されてきます。
つまり、1日持った電池が昼過ぎには残量わずかになったので、電池を新品にしたいと思っても適用外ということです。
さらに修理時はデータ消去することが基本なので、ユーザーによる事前のデータ・バックアップと修理後のデータ復旧作業が必要になります。

Large thumb img 2518

非正規系

非正規系は先に説明した正規系以外の修理店舗です。
画面の破損・日々割れ修理を始めとして、バッテリー交換、ホームボタン交換、スリープボタン交換等々ができまし、Jail BreakしたiPhoneでも受け付ける等、幅広いニーズに対応しています。
当日持ち込みが可能で、営業も会社帰りで間に合う時間までしているところが多く、修理時間も短く、当日持ち帰りが可能なことがほとんどです。
さらにデータ消去が必要ないので、事前のバックアップと修理後のデータ普及作業が不要です。
つまり、昼に破損したiPhoneを当日の夜には元通り使うということが可能なのです!
費用も徹底的なコストダウンで安くなってきており、業界最安値をうたうところもあります。
なお、非正規店舗の修理を受けるとAppleの保証は受けられなくなりますので、ご注意下さい。
心配な品質ですが、これらの店舗も実績を作ってきており、安心できるレベルになってきています。
例えば、純正部品ではなくても高品質なパーツを使ったり、修理後3ヵ月程度は保証したり、5年以上の修理経験を持つ技能者を採用している等です。

まとめると、Apple純正とその系列の正規系による修理と、Apple純正以外の非正規系の修理があるということになります。

Large thumb img 2928

結局、どこに修理を頼めばいい?

「iPhoneの壊れ方」視点で見ますと、正規系でもそれ以外の店舗のどちらに出しても良いことになります。
違いはむしろ、iPhoneの使い方やApple純正へのこだわりが基準ではないでしょうか。
AndroidではなくiPhoneを選んだ理由がAppleへの信頼や支持であれば、正規系に修理を頼むことと自体は1つの判断として尊重されるのだと思います。
一方で、時間・お金・修理前後の手間(バックアップ/復帰)をできるだけ小さくしておきたいというのも、立派なニーズとして尊重されるべきで、そういう人たちには非正規系店舗での修理が向いています。
また、Jailbreakしたり以前に非正規店舗で修理をした、あるいは興味本位でiPhoneを分解した等の経験があれば、Appleの保証対象外となってしまいます。
そういう場合は非正規店舗に修理依頼をすれば、細かい言い訳をする必要はありません。

なぜなら、非正規店舗の目的は修理することであって、iPhoneの使い方を知ることではないからです。

まとめ

「iPhoneを破損」したときにどうすればよいかを紹介してきました。
どの程度の破損だから、どこへ修理を出すといった判断は基本的にユーザーがすることになります。
ただし、よくわからない場合は、「こんなことになってしまってますが、どうしたらよいでしょう」といった相談から、修理依頼する店舗にしてみるのも良いでしょう。
皆さんの大事なiPhoneが1日も早く元通りに使えることを願っています!


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!