2016年11月13日 修理・分解・工具

iPhoneのパネル交換にチャレンジ!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb phone 1537916 960 720

パネル交換って…?

パネルの破損は早めの対処を!

iPhoneの画面が割れてしまったら、早急に修理を依頼しましょう。iPhoneのさらなる損傷を引き起こしたり、ユーザーがケガをする恐れもありとても危険です。
Appleや街のiPhone修理屋さんに持っていくこともできますが、自分で交換する方法もあります。
自分でiPhoneを分解・修理するとAppleの保障対象外になります。リスクもありますので、完全自己責任にて実施してください。

アメリカは国土が広く、ショップ持ち込みに時間がかかるため、パネル交換をユーザー自身で行うのが一般的だそうです。日本でも自己修理をする人が意外といるようです。修理にチャレンジする理由として、iPhoneの構造が意外と単純なつくりなので分解しやすいこと、修理に出すより安価で済む、Appleに修理依頼して端末全交換になってしまうと、今まで使っていたiPhoneでなくなるのは不便だ…、等々があるようです。

フロントパネル交換の事前準備

興味のある方に向けてフロントパネルの交換方法を紹介したいと思いますが、パネル交換前にいろいろ準備が必要となります。

まずは修理するためのパーツが必要です。
日本でもAmazonをはじめ、いろいろなサイトでiPhoneのフロントパネルの部品が販売されています。なかには外国から取り寄せする方もいるようですが、時間もかかりますし部品の品質もイマイチなようです。日本のサイトのほうが電話で問い合わせもできるところもあるので、安心といえば安心です。

パーツ取り寄せにあたり、部品販売サイトで純正品と表示されているものがあります。純正品がなぜバラバラで販売されているのかちょっと疑問ですが、今まで使っていたiPhoneのフロントパネルとは若干質が異なってくる可能性は排除できません。妥協点として、操作性をよくするために画面の保護フィルムを購入しておいてもいいかもしれません。ほかにも、保護フィルムは万一の破損でガラスが飛散するのを防いでくれます。

また、iPhoneは精密機器で繊細です。万一のときのためにデータのバックアップをとっておくほうがいいでしょう。

iPhoneの分解にはいろいろ工具を使います。
フロントパネル修理キットとして工具が入っていることが多いですが、修理に必要な工具の一例を紹介します。
※星形ドライバー
星形は特殊なモノです。修理キット付属のドライバーのなかにはヤワなものもあります。その場合、ネジ穴がつぶれてしまって作業ができなくなることもあります。
※プラスドライバー
精密ドライバーがよく、作業が楽な軸が回転するタイプもあります。
※吸盤
フロントパネルにつけて引き上げるための道具。割れがひどいと吸着しないこともあります。
※ピック
幅が広めなので、パネルを枠からパカッと外すのに便利です。
※テコ(サイズは小・中いろいろ)、ヘラ
スティックタイプの細長い形状をした工具です。プラスティック製なら枠を痛めにくいです。
※ピンセット
先が曲がっているタイプが作業しやすいです。先がプラスチックになっていてパーツを傷つけにくいものもあります。
※吸盤
100円ショップでも手に入りますが、力の加減が難しいことも。
※ダブル吸盤オープナー
修理キットについていることはあまりないので、別途購入が必要です。フロントパネルと枠は固着している場合もあり、このオープナーがあった方が作業が格段にしやすいです。iPhone 5Sは指紋センサーのケーブルの切断が起きやすく、これを活用すればいくらか事故防止ができます。
※スパッジャー
テコでは長さが短く、手をかけても痛む時もあります。
帯電しにくいナイロン製なら安心です。先端はヘラやとがった形状をしていて分解しやすいです。
※釣り用のフライケース
ピルケースのように小分けされた枠がたくさんあるケースです。分解時に外したネジをなくさないように一時保管できます。ホームセンターで簡単に見つかります。
なかにはネジマップといって、iPhone型のプレートに外したネジを刺す穴が開いているツールもあります。ネジを外した場所に相当する所にネジを刺しておけば、組み立てるときも別のネジと間違うこともありません。
※トレイ状の広い平らな入れ物
細かいネジやパーツを紛失しないように使います。視認しやすいように明るい単色のものがいいでしょう。

iPhoneの分解 ➀パネル交換の最難関!フロントパネルを開ける

以下は実際にフロントパネルを交換していく方法です。参考までにご覧ください。

フロントパネル交換に際し一番難しいのはiPhoneのフロントパネルを開けるところです。手順を簡単に説明していきます。

最初にiPhoneの電源を切ります。スリープ/スリープ解除ボタンを長押しし、スライドします。

続いてライトニングケーブルの接続口の左右にあるネジを外します。これらのネジは特殊な形をしており、星形ドライバーで外します。

外したネジはどこから外したものか分かりやすいように、広いトレイやフライケース等に一時保管しておきます。

次に、iPhoneのフロントパネルを外す作業に移ります。

iPhoneのフロントパネルを外すときのコツとして、吸盤は画面の下半分、ホームボタン寄りに貼り付けます。
iPhone本体の基盤から液晶につながるケーブルが画面の上方にあるためです。

吸盤をつけたら、フロントパネルを斜め上に持ちあげます。持ちあげると若干のスキマが開くのでそこにテコなどを入れて開けます。フロントパネルは90度以上開かないように注意します。ただし、iPhone5sやiPhone6(plus)はホームボタンのほうに指紋認証装置のケーブルがあるため、20~30度以上は開くとケーブルが切断されることがあります。その角度以上に開かないようにしてください。

なかにはフロントパネル部分と本体が固着しているような端末もあるようです。力を入れすぎるとケーブル切断の憂き目に会います。かといって弱すぎてもパネルは全く開きません。

本体とフロントパネルにすき間を作れるかどうかがキモです。どうやってもすき間を作れない場合は、専用の道具を追加購入した方がいいでしょう。ケーブルを切断したり、基盤の結合部が損傷するとフロントパネル交換だけで済まなくなります。

すき間を作れたらイヤホンの辺りのフロントパネル部にくぼみがあるので、そこにテコまたはへら等工具を使い、画面上部のケーブルにも気を付けながら、本体に沿って少しづつパネルを持ちあげるようにします。はじめは固く閉まっているので、スパッジャーで広げていってもいいでしょう。ほかにも、ホームボタン部は精密な部分なので差し込みは避けてください。

上記の方法はごくごく基本的なやり方です。
ただ、パネルの持ちあげは力の加減が非常に難しい部分があるので、先ほど工具紹介であげたダブル吸盤オープナーを使うのが簡便で安全です。吸盤オープナーを使用する場合は、すき間を開けやすいよう、画面下部のイヤホン付近に吸盤を当てて開けると作業がしやすいです。

iPhoneの分解 ②フロントパネル部についている各種パーツの取り外し

最大の難関を突破したら、あとはパネル交換に必要な手順を簡単に説明していきたいと思います。
詳しくは公開されている動画などを参考にしていただきたいと思います。

先ほどの手順にのっとり、パネルを開けることができたらディスプレイと本体をつなぐケーブルの金属板を外します。ネジで止まっているのでドライバーで外します。これでiPhone本体とフロントパネルが外れます。

本体とフロントパネルを分離したあとは、フロントパネル部に接着している各種パーツを取り外します。これらのパーツは新しいパネルに取り付けますので慎重に取り外します。

まず、近接センサー、フロントカメラケーブルを外します。金属板で固定されています。ネジを外し、テープで固定されている部分は丁寧にはがします。フロントカメラ付近にはイヤースピーカーがあり、これも外します。

ホームボタンは破損しやすいパーツでもあり、注意しながら外します。固定板の2本のネジを外し、ホームボタンのケーブルのコネクタをヘラなどで外せたら、ホームボタンを画面のおもて面から指で押し出します。まだパネルと接着しているのですが、最後にホームボタンのケーブルをフロントパネルからヘラ等ではがすと取れます。

ここまでくれば分解の最終工程になります。
フロントパネルのバックプレート外しです。7か所ほど、長さの違うネジで止められています。ネジを外したらホームボタン横に、バックプレートのケーブルが細いテープで固定されているので、テープやケーブルが破損しないよう、小さい平らなドライバーなどで丁寧に剥がします。これでバックプレートが外れます。

あとは組み立て作業になります。
新しいフロントパネルに、先ほど取り外したパーツ、フロントカメラ・近接センサー、イヤースピーカー、ホームボタン、バックプレートをさっきと逆の手順で取り付け、組み立てます。

組み立てが終了したら、電源を投入し、各種動作確認を行います。
タッチパネルの無反応、画像がうまく映らない等の不具合はコネクタが正常に接続されていないと考えられます。

以上、パネル交換についてご紹介しました。
また、ガラスパネルだけが割れてしまった場合、ガラスパネルだけ交換することもできます。上記の方法よりかなり安くできますが、難易度がさらに上がり失敗のリスクも高いです。自己修理にチャレンジしたい方はまずフロントパネルの交換から試してみてください。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!

Side banner mailing repair

Banner recycle

Banner fc