2016年11月20日 修理・分解・工具

iPhoneを修理に出したらメールが見れなくなる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb at 1020063 960 720

iPhoneを修理したらメールはどこに…

iPhone修理後に起きがちなメール関係のトラブル

iPhoneを修理に出すと今まで愛用していたiPhoneが戻ってきます。なかには端末交換になることもありますが、いずれにしてもiPhoneが使えるようになって一安心。
でも、iPhoneが修理から帰ってきてよく起きがちなトラブルに、メールが届かなくなったというのが多いです。
ユーザーの中でも戸惑われる方が多く、ネットのフォーラムでも相談される方をちらほらみかけます。
ちゃんと送ったのに見ていないの?とちょっとしたトラブルに発展してしまうこともあるようで…

iPhone修理後にメールトラブルが起こる要因

修理前にiCloudでバックアップした写真やメッセージ、アプリの設定などが無事に復元完了し、そのままiPhoneを使っていると、知人からメールを送ったのに見てないの?という電話が…。
あわててメールボックスを起動して見ると、キャリアメール(docomo、au、SoftBankのEメール)が見れなくなっています。
なぜこんなことが起こったかというと、キャリアメールは各キャリアがサーバー上に持っているプロファイル設定からできるためです。iPhone内のデータや、アプリ等には入っていません。そのため、修理後iCloudからバックアップファイルをiPhoneに戻しても、キャリアメールの利用設定の復元まではできないのです。メールのプロファイルを各キャリアから直接インストールして復旧させましょう。
新しいiPhoneを購入した時もキャリアメールが見れないトラブルが同様に起こります。プロファイルがインストールされていないためですが、これから紹介する方法で設定すれば、新しいiPhoneでもキャリアメールが使えるようになります。
ガラケー時代からお馴染みで、今でも活用している方も多い、キャリアメールの設定方法をおさらいしてみませんか?

大手キャリア3社のキャリアメールの再設定方法

docomoメールの設定方法

※docomoのキャリアメール、ドコモメール(@docomo.ne.jp)の再設定方法の流れ
➀設定の準備:iWi-Fiオフ、docomo ID、パスワードの用意
②ドコモメール利用のための『プロファイル』設定とインストール
おまけ:ドコモメールをデフォルトで使う設定
それでは各設定を説明します。
➀ドコモメールを利用するにはdocomoのiPhone利用設定というプロファイルを用いてドコモメールの設定を行います。ただし、これはドコモの回線を使用しますので、Wi-Fiをオフにします。画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターからWi-Fiのアイコンをタップし、モバイルデータ通信をオンにします。他に、手続きに必要なIDとパスワードを準備してください。
②docomoの『iPhone利用設定』のプロファイルをインストールし直します。
詳しい手順は以下になります。
ブラウザのSafariを起動し画面下のブックマークからドコモお客様サポートにアクセス。
プロファイル設定をタップし、その先のiPhone初期設定に行きます。ただし、注意事項の通り、SPモードメールを使用していた方はその下のメニューのドコモメール利用設定から行います。
Docomo IDとパスワードを入力して次に進みます。
次の画面では内容確認のチェックが上下2ヶ所必要です。忘れぬようチェックを入れてください。
次の画面で自分のアドレスに間違いないかを確認し、画面下段の設定するにチェックを入れ、次に進んだら右上のインストールをタップ。
未署名とあるメッセージ画面はそのままでかまわないので、再度タップします。
インストールボタンが出てくるのでタップします。
インストールの動作直前に、メールを出すときに表示される差出人名(ご自分のお名前)を入力します。
右上の完了をタップするとインストールは完了です。
ホーム画面上にあらわれるリンクは削除できます。これで今まで通り使えるようになります。

おまけ:キャリアメールを受信メインでなく送信アドレスとしても使用したい場合、ドコモメールをデフォルトのメールとして使う設定ができます。
設定→メール/連絡先/カレンダー→データ取得方法→デフォルトアカウントがドコモメールになっているのを確認します。
それ以外に設定されていたら、メニューをタップしてドコモメールに設定をします。

auのキャリアメールの設定方法

※auのキャリアメール/ Eメール(@ezweb.ne.jp)の再設定方法の流れ
➀設定の準備:Wi-Fiをオフ、iPhoneのパスコードを用意
②auのEメール利用のための『プロファイル』設定とインストール

それでは各設定方法を説明します。
➀auのEメールを利用するにはプロファイルを用いて設定を行います。ただし、これはauの携帯回線を使用しますので、Wi-Fiをオフにします。画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターからWi-Fiのアイコンをタップし、モバイルデータ通信をオンにします。
②auのプロファイルをインストールし直します。

詳しい手順は以下の通りです。
ブラウザのSafariを起動、画面下のブックマークからauお客様サポートにアクセスし、画面上部のiPhone設定ガイドから設定を始めます。
メニュー内の、STEP1メール初期設定を選んだら、次に『メール初期設定へ』を押します。
メール初期設定画面に遷移し、iPhoneの携帯番号を入力し、『次へ』をタップ。
次の画面でも『次へ』をタップします。
iPhoneの設定画面に自動的に遷移しますので、表示されているauのEメールアドレスに間違いがなければ、右上のインストールをタップしてiPhoneのパスコードを入力します。
未署名とのメッセージが表示されますが、そのまま右上のインストールを再度タップします。
インストールボタンが出現しますので、ボタンをタップ。
インストール完了画面にて完了ボタンをタップすると、auのメール初期設定画面に設定完了と表示されれば終了です。

SoftBankのキャリアメールの設定方法

SoftbankのiPhoneユーザーは2つのキャリアメールがあり、どちらも自由に使うことができます。ガラケー時代から引き続き@softbank.ne.jpを使っている方も多いようですが、どちらかといえばiPhone専用のアドレス、@i.softbank.jpが好まれているようです。
@softbank.ne.jpのアドレスを使用していれば、iPhoneの修理返却後にバックアップが完了すれば、すぐに使えるようになります。iPhone専用のキャリアメールの@i.softbank.jpは設定が必要です。

※SoftBankのキャリアメール、Eメール(@i.softbank.jp)の再設定方法の流れ
➀設定の準備:Wi-Fiをオフ、My SoftBankのパスワード(8~16桁)、iPhoneのパスコードを用意
②SoftBankのEメール利用のための『プロファイル』設定とインストール

それでは各設定方法を説明します。
➀SoftBankのEメールを利用するには他のキャリアと同様、プロファイルを用いて設定を行います。SoftBankの携帯回線を使用しますので、Wi-Fiをオフにします。画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターからWi-Fiのアイコンをタップし、モバイルデータ通信をオンにします。
②SoftBankのプロファイルをインストールし直します。

詳しい手順は以下の通りです。
ブラウザのSafariを起動し、http://sbwifi.jpにアクセスします。My Softbankに自動ログインしない場合はiPhoneの携帯番号とパスワードを入力すると画面に行きます。
一括設定画面が開きますので『同意して設定開始』をタップするとSoftBankからメッセージが届くので、同意して設定の下のURLを開きます。
プロファイルをインストールする画面となりますので右上のインストールをタップ。
iPhoneのパスコードが要求されるので入力します。
未署名のメッセージ表示はそのままにして右上のインストールを再度タップすると『インストール』ボタンが出現するのでタップします。
メールアカウントの表示名(メールに表示される差出人名)を入力し『次へ』をタップするとインストールと設定が完了します。

以上、3社のキャリアメールの再設定方法について紹介しました。参考にしてみてください。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!