2016年10月26日 iPhoneニュース

256GB版のほうが32GB版より書き込み速度が速い!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb iphone 7 design c 1

同じプロセッサ、同じ容量のRAM、ストレージ容量以外のスペックがすべて同じなら、処理速度は同じはず…そう思っていませんか?iPhone購入時に「動画や写真をたくさん保存することもないから、値段も安いし、一番少ない容量でいいや」と考える人も多いのではないでしょうか。
ところがiPhone7でベンチマークテストを行った結果、ストレージ容量によってデータ転送速度に大きな差があることが判明しました。

256GBの書き込み速度は32GBの8倍高速

Unbox Therapy氏が、32GBのiPhone7と256GBのiPhone7を並べ、App Storeで入手可能な無料の「Performance Test」アプリを使って読み込みおよび書き込み速度の計測を行いました。またUSBによるファイル転送テストも行っています。
測定の結果、書き込みでは32GB版が256GB版と比べてなんと8倍も遅く、読み込みでも1.25倍も時間がかかることがわかりました。

Large thumb storage benchmark iphone 7 593x344 e1476936598638

容量が大きい方が速いSSD

実はiPhoneのストレージであるNAND型フラッシュメモリーのSSDには、容量が大きい方が書き込み速度が速いという特性があります。つまり256GB版のほうが32GB版よりも書き込み速度が速いのは当然なのです。
実際今回の実験では、32GB版の8倍である256GB版の書き込み速度が、8倍速いという結果になっています。
購入を検討されてる方は参考にしてみてはいかがでしょうか?


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!

Side banner mailing repair

Banner recycle

Banner fc