2017年01月09日 修理・分解・工具

iPhoneの音が出ない、聞こえにくくなったときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

音が聞こえない?スピーカー故障かも…

音が出ないのはスピーカーの故障

iPhoneの音声出力の不具合に関してはイヤースピーカーとラウドスピーカーの2つのスピーカーの故障が考えられます。音が鳴らなくなる以外にも音が小さかったり、音割れする症状もスピーカーの異常となる可能性が高いです。
スピーカーは湿気の影響を受けやすく、最近発売となったiPhone 7は防水対応ですが、他のモデルのiPhoneでは高温多湿の環境下、特に浴室での使用に弱く不調が起こりやすいです。また、衝撃でスピーカーの故障が発生することもあります。
スピーカーが故障すると通話をするのにイヤホンを使わなくてはならなくなったりします。
スピーカーが故障するときの前兆として、音が割れてきたり、ボリュームが上げられなくなることがあげられます。

修理に行く前にスピーカーの故障かどうか確かめよう

音が聞こえにくいのはスピーカーの故障でないこともあります。
では、実際にスピーカーの故障かどうか確認してみましょう。今起こっているiPhoneの音声異常は自分で対処できるトラブルの範疇かもしれません。
以下にチェック項目をいくつかあげます。

※スピーカーをふさぐ形状のiPhoneケース
2つあるスピーカーのうち、イヤースピーカーはiPhoneのディスプレイの上にあります。円状のフロントカメラの横、近接センサーの下にあり、細長いメッシュ状のものがイヤースピーカーです。通話をするときによく使います。
もうひとつ、ラウドスピーカーはiPhone底部、充電コネクタの向かって右手にあります。iPhoneのサウンドや操作音、着信音は下部のスピーカーから鳴ります。
この部分を覆っているiPhoneケースを使用し、音声がよく聞こえないという場合、スピーカーのある部分が露出できるようにするか、使用を控えてください。

※清掃を行う
音がこもりやすい、聞こえにくいときはイヤホンジャックやスピーカーがホコリやゴミなどで詰まっている可能性もあります。エアーダスターでホコリを取り除きましょう。自分で難しい場合は街の修理店に依頼する方法もあります。もしかしたらiPhone内部の奥、手の届かないところが詰まっているかもしれません。年単位でiPhoneを使用しているかたは注意してください。

※イヤホンを外す
イヤホンジャックにイヤホンを接続することでスピーカーの機能がOFFになっていることがあります。

※サイレントモードの解除
本体の左手側面上部に細長いサウンドボタンがあります。このボタンの横のディスプレイに近いところが暖色系の色になっている場合は、サイレントモードのため音声出力がされない状態です。このツマミ状のボタンをスライドしてサイレントモードをOFFにすると音が出ます。

※音量調整
音量が最小になっていると音がとても聞きにくいです。本体側面の上部、サウンドボタンの下に2つある音量調整ボタンのうち上のボタンを押して音量が最小になっていないか確認しましょう。または、ホーム画面→設定→サウンドから音量の調節ができます。
また、音量ボタンを押して表示された画面にヘッドホンとあるなら、iPhoneはイヤホンが接続されていると誤認識しています。その場合はイヤホンジャックの故障が考えられます。

※Bluetooth機能解除
Bluetooth機器を使用されている方で、Bluetooth機能をONにしたままにしているとiPhoneのスピーカーから音声出力をしなくなっている場合があります。ホーム画面→設定→Bluetoothから設定をOFFにしてみてください。

※システムトラブルの可能性
iPhoneにシステムトラブルが生じ、スピーカーが機能しなくなっている恐れがあります。
一時的なシステムトラブルの場合、再起動により電源を入れ直すことで正常に音が聞こえ出すことがあります。
再起動しても改善しない場合、設定をいちどリセットしてみてください。また、siriを起動することで改善したという事例もあります。
それでも状態が変わらなければ復元を実施してみてください。復元前にはデータのバックアップをお願いします。

出典: pixabay.com

スピーカー故障で音声出力以外の問題が生じることも

音声出力に関係なく、iPhoneに電波が入らなくなった時もスピーカーに付随しているパーツの故障の可能性があります。iPhone底部近くのラウドスピーカーについているアンテナが折れて破損していまうと携帯電波をとらえることができなくなります。この場合、ラウドスピーカーの交換により正常に通信ができるようになります。ただし、電波が入らないトラブルの原因としてはほかにもロジックボード(マザーボード、基盤)の異常の可能性が考えられます。

出典: pixabay.com

iPhoneのスピーカーの修理相場

iPhoneのスピーカーの交換修理となった場合の時間や代金はどれくらいでしょうか。
iPhoneの修理はAppleストアをはじめとしたオフィシャルの修理と街の修理店に行く方法があります。
公式の修理ではスピーカーのパーツ交換の実施はなく、本体交換となる可能性が高いです。Appleストアが近隣にある人は予約状況によりますがほぼ即日対応となります。Appleストアも正規サービスプロバイダの量販店も遠方になるという人は配送修理となり、1週間ほどかかります。
街中の修理店の対応は千差万別なので、直接問い合わせるか持ち込んで聞くのが確実です。ネット上にある情報を整理すると、スピーカーのパーツ交換が必要と判断された場合、修理にかかる所要時間の目安としては短いところで15分、長くても45分くらいで終了するところが大半です。
スピーカーの修理にかかる費用の目安としては、iPhoneのモデルにもよりますが数千円からとなっているようです。6Sなど新しいモデルになると1万円近くかかることも。iPhoneの修理代はけっこうするので衝撃や水濡れなど、取り扱いには気をつけたいものです。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!