2018年02月10日 iPhoneニュース

2018年のiPhoneにはすべて顔認証「Face ID」が搭載される?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb download

韓国のITニュースサイト『ETNews』が業界筋からの話として、Appleが2018年に発売する『iPhone』の全てのモデルに顔認証システム「Face ID」が搭載されると報じています。

 Face IDを構成する部品のサプライヤーには現在、韓国のLGイノテックと台湾・鴻海傘下のシャープが採用されています。

 しかし、報道によると2018年のiPhoneの全モデルにFace IDを搭載するために主要ベンダーにはLGイノテックのみを残し、シャープの代わりに中国企業2社が新たに参入するとのことです。

 シャープの部品供給については歩留まり率がLGイノテックより低いと以前より報道されており、その影響で『iPhone X』の供給が不足していたとも伝えられています。今回、シャープを外して代わりの企業を入れるのはそのあたりが原因だと考えられます。

2018年のiPhoneは3モデル登場
 これまでの噂をまとめると、今年発売されるiPhoneはiPhone Xの後続モデルとみられる5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した安価なモデルの計3種類です。

 そのデザインはいずれもiPhone Xのノッチ(切り欠き)を小さくしたものになるとリークされており、そこから考えると全てのモデルにFace IDが搭載されるのは当然の成り行きなのかもしれません。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!