2016年11月11日 アプリ・便利機能

相手のパケット使用量を配慮

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb         2

月内のパケット使用量を気にしながら利用している方は多いと思います。契約しているプランにもよりますが、1カ月あたり5GBか7GB、MVNOのSIMカードを利用しているのならば1GB以下に抑えている可能性もありますよね。できるだけモバイル通信を使わないようにすれば、それでもじゅうぶん足ります。
しかし、自分の使いかただけではどうにもならないことがあります。メッセージに添付される写真はそのひとつで、いわば他人にパケット使用を強制されるようなものです。たとえば、iPhoneで撮影した写真はサイズが2~3MBにも達するため、累計ではそれなりのパケット量を消費することになります。
iOS 10ではその問題を解消してくれる機能が追加されました。

「メッセージ」の写真を低解像度モードで送れる

「メッセージ」の写真を低解像度モードで送るには、『設定』→「メッセージ」の順に画面を開き、いちばん下にある「低解像度モード」スイッチをオン(白→緑)にすればOK。これで、以降『メッセージ』で添付する写真は低解像度に自動変換されるため、相手のパケット消費量負担はかなり軽くなるはずです。
パケット使用量が気になる月末などは低解像度のものを送る方が喜ばれるかもしれません。

Large thumb 002

シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!