2016年11月24日 格安スマホ

故障時の代替機に中古iPhoneは使える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb o0480048012922421458

 iPhoneが突然の故障・破損したので修理に出しました。復帰するまでの代わりはどうしますか?
今回は代替機について考えて見ます。

iPhoneの代わり

iPhoneは毎日持ち歩いて使うものだと思います。
修理が数時間で終わってしまえば良いですが、そうならない可能性もあります。
例えば、飛込で修理店へ修理を依頼してすぐに修理してもらえれば良いですが、AppleのGenius Barのようにそもそも予約自体を直近日でとれないこともあります。
そういうことですので、予約が取れてから修理が完了し戻ってくるまでの期間をつなぐ代替機が必要になってきます。

各社の代替機対応は

通常は修理を受け付ける店舗では代替機を準備していますので、その状況をまとめておきます。

Apple Store直営店や正規サービスプロバイダに持ち込んだ場合は、修理期間中の代替機貸し出しが可能であれば代替機貸し出しサービスが利用できます。
借りた代替機は、修理済みiPhone を受け取る時に貸出時と同じ状態で返却する必要があります。
代替機を破損した場合は、機器代金を負担する必要があります。
参考:https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service

修理お申込み時に希望すれば、修理期間中はドコモからの貸出し機種を利用できます。貸出し料金は無料です。
貸出し機種を利用する場合は店頭で受け取ります。
貸出し機種(代替機)を利用しない場合、ユーザーの手元にある使用していない携帯電話を利用することもできます。
ただし、契約中の回線で利用できる携帯電話またはスマートフォンであることの確認が必要ですので、ドコモショップで確認してもらいましょう。
UIM(SIM)カードの形状が修理機と代替機で異なる場合は、代替機に合わせたUIMカードを無料で再発行してもらえます。
取り扱い不良などにより代替機が故障・破損した場合、機器代金を負担する必要があります。

修理中に代替機を希望する場合は無料で貸し出してもらえます。
貸出し期間が30日間を過ぎた場合、もしくは代替機が破損した場合には料金が発生します。
My SoftBank(オンライン)からは、申し込み画面で「代替機を希望する」のチェックボタンにチェックを付けます。
電話にてお申し込みの際に、代替機の貸し出しを申し出て下さい。
代替機が届くまでの日数は申し込みの翌日以降になります。
※1:土曜日の場合:午後2時までの申し込みは翌日、午後2時以降の申し込みは翌々日
※2:日曜日及び祝日の場合:午前10時までの申し込みは翌日、午前10時以降の申し込みは翌々日
※3:機種は指定できません。
手持ちの使用していないソフトバンク携帯電話を代替機として使うこともできます。
使用していない携帯電話にUSIMカードを差し替えて利用して下さい。
参考:http://www.softbank.jp/mobile/support/trouble/repair/online_repair/

AUショップで代替機の貸出をしています。
ただし、代替機を借りたショップに返す必要があります。

最低限必要な機能とは

中古iPhoneを代替機にしたとして、とりあえず必要な機能は何でしょうか。
まず、「iPhoneが破損した時に困る機能」に関する海外の調査がありますので、ご紹介します。
・40% of iPhone owners with cracked screens couldn't read/send email or couldn't use certain letters
Eメールの送受信ができない。
・27% couldn't use mission critical apps like Facebook, Maps or Uber
無くてはならないアプリ(Facebook, 地図、Uber:タクシー配車)が使えない。
・20% couldn't take photos
写真が撮れない。
・20% couldn't unlock the screen
画面のアンロックができない。
引用:https://www.squaretrade.com/press/new-study-shows-damaged-iphones-cost-americans-10.7billion-4.8b-in-the-last-two-years-alone 
日本の事情も考慮して加えると、最低限必要な機能は仕事・勉強用途では電話、メール、メッセージ(iMessage、LINE等)、メモ帳、カレンダーになるでしょうか。
より広い知人とのコミュニケーション等も必要になるでしょうから、TwitterやFacebookアプリが必要になるかもしれません。
要するに活動するためのインプットを参照できて、活動した結果のアウトプットを記録するという基本的なことができれば良いことになります。

Large thumb daitaiki

中古でできること、できないこと

中古といっても、せいぜい2世代位前までのものになります。
あまりに古過ぎると最近のアプリが入りません。
では、最新機種で使えて中古で使えない機能をいくつか見て見ましょう。
「Siri, 指紋認証、3D Touch, Apple Pay/Suica」となりますが、どれも操作性を改善するもので機能自体が追加されるというものではありません。
これに加えてストレージ容量も違いますが、16GB以上はありますので、基本的なアプリをインストールする範囲では問題ないでしょう。
つまり、本当に最先端の機能だけが支えないので、メール・メッセージ・電話といった前述いた機能に関しては十分動作するということです。

Large thumb number

すぐ使うための準備は

手持ちの中古機が使えそうだということで、次に準備です。
時間をかけなくてもSIMを入れ替えで使えるようになっているのが理想ですが、そこまでいかなくともできるだけ手間を減らすための備えを説明します。
<アプリ>
中古機に必要なアプリを予めインストールしておきます。
新しい機種から古い機種にiTunes経由でアプリとその設定値を同期することはできないので、予めインストールすることが必要です。
中古機から最新機にアップグレードする時にiTunesで移行作業をしたと思いますので、その時のバックアップファイルをとっておいてもよいと思います。
<コンテンツ>
コンテンツとはアプリの設定値やユーザーが作成した文書・アプリデータ等です。
このデータをiCloud等のクラウドに入れておけば機器に依存しないので、代替機からすぐに参照できて非常に便利です。
クラウドを使わない場合は修理するiPhoneからデータを取り出して、代替機に入れ直すという手間が必要になってしまいます。
クラウドに入れておくもう一つの利点は全てのデータを移す必要がなく、必要な時に必要なだけ参照できる(オンデマンド)ということです。
写真も必要ならクラウドへ入れておけば、友達とのコミュニケーションにも困らないでしょう。
<ハード>
ハード(本体)については修理機からSIMを外して代替機に入れ替えたらすぐに使えるようにしましょう。
SIMカードの形状やサイズが異なる可能性がありますので、Nano SIMからMicro SIMアダプタ等の変換アダプタを手元に置いておきましょう。
最後に忘れてはいけないのはガラスやバッテリーの整備です。
古いからとガラスにヒビが入ったままだと危険ですし、バッテリーが1時間しか持たないと代替機としての役割を果たしません。
「中古なのにAppleへ修理依頼、、、」と整備するにも正規店に出すのは高いと感じたならば、非正規店で修理してもらうのも良いと思います。

Large thumb gazou

まとめ

故障したら1時間以内に代替機が使えるようになっていて、故障機の修理手配はそれからにするくらいになっていると良いと思います。
そのためには最低限の機能がほぼ自動的で移動できて、自分が蓄積したデータも必要な時に必要なだけ取り出せると良いですね。
もちろん、本体の整備もお忘れなく。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!

Side banner mailing repair

Banner recycle

Banner fc