2018年05月24日 節約術・SIM・MVNO

保証は本当にお得?!数字で考える費用対効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb gazouphone

「入っておくと安心なのが保険・保証」と言われますが、「実は損している」ことはないでしょうか? 数字で検証してみましょう。

保証の種類は何がある?

生命保険、自動車保険という「保険」言葉がありますが、ここは「製品保証」に合わせて「保証」という言葉を使います。
保証には大きく分けて二種類あります。
1つは皆さんがよくご存知の無償保証で、製品購入後1年間の間に通常使用で故障した場合に無償で修理または交換してもらえるものです。
iPhoneにも1年間の無償保証があります。
もう1つもご存知の方が多いと思いますが、「有償保証」です。
保証期間を2年以上に延長したり、過失による故障も通常よりも抑えた価格で修理対応を行うものです。
Apple Care+ for iPhoneも保証期間を購入日から2年間に延長する「有償保証」です。
保証に対する数字的なからくりは生命保険会社もメーカーも同様で、余程のことがない限り提供者側は損をしない仕組みになっています。
受け取る側からすると「お得感」を感じることはありますが、それは絶対的なものではなくて、最悪の場合と比較したときの「相対的なもの」ということになります。
消費者側に非のない通常使用についても同様で、不良率をあらかじめ織り込んだ上で希望小売価格を決定しています。
それは消費者の利益になっていないかというと、必ずしもそうとは言えません。
しっかりと商売上の計算をした上でサポートをしていた方が経営基盤が安定するということになりますので、企業倒産や会社縮小によるサポート打ち切りという事態を避けることができるのです。

Large thumb gazou5

Apple Care+ for iPhoneシュミレーション

Apple Care+ for iPhoneもきちんとした商売上の計算に基づいて、基本料と修理毎の代金・修理回数上限を設けています。
基本料金14,800円で保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長され、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを画面の損傷は3,400円/回、その他の損傷は11,800円/回の料金で最大2回まで受けることができます。
※iPhone 6s Plusの場合、金額は税別
この条件で、修理回数2回を使い切った場合を想定してみます。
表はApple Care+に加入していた場合と、していなかった場合での差額と、加入していた場合にどれだけ金額的に「お得」になるかを示しています。
修理金額が高額になるにつれて、「お得」感が増しています。
勘違いしないでいただきたいのは、「お得」とは言え「お金は払う」必要があるということで、加入しないで故障しないのであれば、それが一番お得です。
例えば、フロントガラスやタッチパネルを破損した時の修理代金は加入無しで14,800円ですから、加入時の基本料の段階で既に相当金額を払ってしまっているわけです。

Large thumb gazou

費用対効果は?

先の表を見ていただいて、数学が得意な方なら方程式を作って損得計算がもうできてしまっているかもしれません。
費用対効果を判断する考え方としては「自分の性格や環境を考慮した場合に、故障・破損確率がある値よりも高いならば加入した方が良い」です。
この「ある値」を計算していくと、実は「お得感」の数字と同じになります。
例えば、2年間でフロントパネルを2回割る確率が3割以上の人は加入しておいた方が8,000円お得ということです。
もう少し短い周期で言い換えると、年に一回はフロントパネルを破損する人です。
その確率まで達成していない人、例えばiPhoneを長年使っているがフロントパネルを破損した経験がない人は「保証」メリットが少ないということです。
そういう方の保証料はどうなるかというと、Appleの収益として貢献しています。

Large thumb gazou

要するに保証を必要とする人は?

無償保証は通常の使い方をしている方々には必須だと思いますが、有償保証については自分の性格や環境を考慮して個人それぞれで判断することになります。
もう少し具体的にいうと次のような人は保証が必要ではないでしょうか。

①移動するときは、いつもiPhoneを持っている。
②iPhoneを手に持っていないときは後ろポケットに入れている。
③iPhoneにはプロテクタケースを付けない。

逆に次のような方は保証に入るメリットは少ないかもしれません。
①移動するときは、iPhoneをカバンの中に入れている。
②過去2年間、iPhoneを(過失で)破損したことがない。
③iPhoneには手帳型のケースを使っている。

その他、「保証を受ける」以外の選択としては、人によって次のようなものがあると思います。
a) 本体ごと買い換える(時間をお金で買う人)
b) 残債(本体の月賦代金)が終わるまで我慢して使う(お金を時間でやり過ごす人)
c) 保証非加入だが破損した時に修理に出す。(破損は運が悪かったと割り切れる人)
それぞれについて、参考情報を付け加えておきます。
a) についてはデータ移行はしなければならないので、その手間があります。
b) については破損したまま使い続けること自体が危険で、結果的に高くつく可能性があります。
c) については妥当な対応ですが、リスクも費用もできるだけ抑えたいということであれば、非正規修理店を利用するという手段もあります。
最近では非正規店も技術は高く、修理後の保証期間を設けていますので、検討に値します。

Large thumb gazou

まとめ

無償保証は提供者側が当然行うべきもので、有償保証は消費者側が選択として加入するものです。
有償保証は「割高感」は否めないのですが、それは「安心」を買っているからです。
ただし、自分の性格や環境を十分考慮した上での加入をおすすめします。
保証に加入せずに壊れたiPhoneを修理店に持って行っても、「何で保証に入っていなかったんですか!?」と怒られることはありませんのでご安心ください。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!