2017年02月13日 修理・分解・工具

ホームボタンがうまく効かなくなったときの対処のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb  rtm0921 tp v

ホームボタンが不調でも、デコピンすれば元どおり?

iPhoneのホームボタンって実は壊れやすい?

iPhoneは外部からの衝撃や湿気に弱いといわれていますが、繊細な電子機器なのでホコリにも弱いです。長く使っていると経年劣化により故障が生じやすくもなります。
iPhoneのホームボタンは時間の経過によって劣化が起こりやすい箇所のひとつです。

ホームボタンが故障のときって?

iPhoneのホームボタンの故障によくある症状は主に以下の3つ。
・強く押せばなんとか反応する
・何度か押さないと反応しなくなる
・ホームボタンが陥没している
それでも何とか使えないこともないし、まぁいいや…。とあきらめていませんか?
こんな方法を試したら直った!もしくはこんな裏ワザがある!という方法がネット上にありましたのでご紹介します。

Large thumb spray 315164 960 720

これでホームボタンが復活!?

都市伝説級のデコピン療法

基本的な対処法として、ホームボタン周りの清掃があります。
ホームボタンの周りにゴミやホコリがたまっていたらブラシやつまようじなどで取り除きましょう。
また、無水エタノールで拭けばそういったゴミが溶かせる、といったウワサめいた話が出回っていますが、これはやめたほうがいいです。無水エタノールでiPhoneが動作しなくなる可能性が高く、おすすめできません。
デコピン療法といって、ホームボタンを「ピン」と叩くと復活した!という報告もあります。これは軽い衝撃をホームボタンに与えることにより微細なホコリやゴミを取り除こう、というものだと思いますが、iPhoneに衝撃を与えるのはおすすめできません。細かいブラシやエアダスターなどでやさしく取り除いたほうがベターです。

それでもホームボタンが効かないのはなぜ?

iPhoneのホームボタンの形状の特徴

iPhoneの表層の問題だと清掃で改善することもありますが、iPhone内部の問題だと改善が難しいこともあります。
iPhoneのホームボタンの内部には、ボタンと基盤をつなぐケーブルとホームボタンの丸型の金属パーツ、中央部分には操作がしやすいようにシリコンが中央に配置されています。
さっきまでボタンを押しても反応してくれたのに、突然効かなくなってしまう。そんなことに何度か遭遇するときは、ケーブル自体が衝撃や湿気などにより劣化して信号が伝わらなくなっている状態になっています。
ほかに、ホームボタンを強めに押したり何度も押さないと反応しない、またはホームボタンの不調に慣れてボタンのある個所を押せばまだ操作できる、なんて状態になっている場合、丸型の金属パーツの中央にあるシリコンの位置がずれている状態だと思われます。ちょっと調子が悪くてもコツをつかめばまだまだイケる、なんて思わないでください。完全に壊れてしまう前に交換修理をおすすめします。

緊急時にホームボタンが効かなくなったときの対処法

ホームボタンが突然効かなくなっても修理に持ち込む時間がないこともあります。
そんなときの緊急避難的な方法が実はあります。
それはiPhoneの標準機能のAssistive Touchを使う方法です。これは、画面上に丸いボタンを表示させて、それをタップすると簡単にメニューが開き各種の操作が行えるというものです。そのメニューの中にホームボタンの機能を持ったアイコンもあるので、画面をタップすることで物理ボタンのホームボタン操作の代用とします。

タッチパネルでホームボタン操作を行うには

まず、Assistive Touchを起動 します。
設定 ⇒ 一般 ⇒ アクセシビリティ ⇒AssistiveTouch ⇒AssistiveTouchをONに
そうすると画面上に白い半透明の丸いボタンが常に表示されるようになります。これが操作のためのメニューボタンになります。このボタンの位置は長押しして移動させることもできるので、片手で操作しやすい場所に移してもよいでしょう。
この白い半透明のボタンをタップすると各種のアイコンメニューが表示されるので必要なメニューをタップして操作します。これで画面のロックやスクリーンキャプチャなどができます。

Large thumb fig step home 01

iPhoneのホームボタンの修理の相場とは?

iPhoneのホームボタンの修理は前述の通りのパーツの交換修理となります。ただ、ホームボタンの修理を依頼する、というよりは、別の箇所の故障で修理をしてもらったときに修理店のスタッフに異常を指摘される方が実は多いようです。
また、たまたま別箇所の修理のために解体をして、その拍子にホームボタン付近の詰まり(ホコリやゴミ)が取れて正常に動作するようになったケースもあります。
関東地区のiPhone専門修理店でWeb上でホームボタンの修理代金を公開しているところを調査してみたところ、だいたい以下の料金で修理をしてもらえるようです。店頭持ち込み修理では即日対応してくれるところがほとんどで、所要時間は30分から1時間、修理代金はモデルが古いものだと3000円程度から、新しい機種ですとiPhone 6ですと7000円前後が相場のようです。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!