2018年04月11日 iPhoneニュース

アップル、タッチレス制御や曲面ディスプレイの「iPhone」を開発中か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb download

Appleが将来の「iPhone」に向けて、タッチレスジェスチャ制御と曲面ディスプレイを開発中だと、Bloombergが報じている。

 記事では、iPhoneの画面と指との距離を認識できる新しいジェスチャ技術をAppleがテストしていると伝えている。このタッチレスジェスチャ制御では、画面を実際にタッチすることなくiPhoneで「一部の操作」を実行することができるという。ただし、この新しいジェスチャがどのようにしてiOSに組み込まれるのかは明らかではない。また、登場するとしても少なくとも2年先になるという。

 さらにBloombergは、Appleが、上から下にかけて緩やかに内側にカーブするiPhone向けディスプレイをテスト中だとも報じている。競合ひしめくスマートフォン市場で、他社製品と差別化するための動きになる可能性がある。競合するサムスンは、主力とする「Galaxy」シリーズのスマートフォンで、水平方向にカーブしたディスプレイを採用している。

 記事によると、Appleの新しいジェスチャ制御とディスプレイ技術は初期の研究開発段階にあり、実際に市場に提供されるかどうかも不明だという。

 近い将来の計画としては、「iPhone X」に搭載されている有機ELディスプレイ技術を採用する、さらに大きな6.5インチのiPhoneモデルが、2018年内に予定されているとBloombergは報じている。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!