2017年02月18日 修理・分解・工具

iPhone修理前のゲームデータ退避策

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb sport 1697363 960 720

修理でゲストモードのプレイデータが吹っ飛んだ!?

iPhone修理でゲームデータを諦める?

iPhoneでちょっとはまっているゲームがあって、ゲームで集めたアイテムや愛着のあるキャラがiPhoneの修理で全部なくなるのは惜しくはないですか?
故障までいかなくても、iPhoneの調子が悪いので初期化や復元をしたらゲームデータがきちんと戻ってくるか気になりませんか?
不意の故障や不具合でゲームがリセットされるのはもったいない。
ゲームデータの退避方法についてまとめましたので、興味のある方は参考までに読んでみてください。

アプリ入れ直しで戻せるゲームと戻せないゲーム

スマホゲームのデータ回復の方法は、ゲームによって違ってきます。もしくは、同じゲームであってもアプリ版をプレイしているのか、ブラウザを立ち上げてプレイしているかによっても違ってくるようです。

ゲームデータがあるところによってデータ退避方法や回復方法が変わります。

ざっくりいうと、
①ゲームデータがiPhone本体の中に入っている
②ゲーム運営会社のサーバー(クラウド上)にゲーム内容が保存されている
2つのうちのいずれかになります。

傾向として、ソロプレイがメインのゲームアプリはアプリの削除でプレイデータが丸ごとなくなります。データがクラウドにセーブされるのは、大型のゲームタイトルやソーシャルゲームに多くみられます。

実際のところ、2つの方法のうちどちらかである、とハッキリ言い切ることができないのが実情です。
というのは、ゲーム内容をセーブするのはクラウド上であっても、それを引き出すにはアプリ上で保存(もしくは自動割り当て)してあるデータ(IDやパスワード、ゲーム独自のキー)が必要になることがあるからです。
なお、ブラウザでプレイできるゲームの場合、ゲームにログインするためのIDやパスワードをブラウザに保存させているなら、その設定をバックアップ⇒復元する必要があります。
ゲームの内容(ゲットしたアイテム、ガチャで引けたキャラクター、ゲームの進度状況etc)はインターネットで読み出すタイプだからアプリなんてなくなっても大丈夫、といかないのが面倒なところです。自分で設定したものならなんとか思い出すことができても、ゲーム側で自動配布されたり割り当てしている独自キーなんて、普通は気づきませんから。

Large thumb cut the rope 1558171 960 720

自分のゲームのセーブデータを引き出すには

アプリにゲームデータが保存されるゲームの場合

これはセーブデータの復元を気にしなくていいタイプのゲームです。アプリが消えればデータもなくなるので復元作業自体が存在しません。
ネットに常時接続しなくてもできるゲームはこのタイプにあたります。
セーブデータがアプリに保存されるので、アプリがなんらかの理由(例えばiOSのアップデート)で不具合が起こったら、セキュリティ上の問題があるので、現在使っているiPhoneから削除するしかありません。
古い手持ちのiPhoneをゲーム専用機として使い、そこにアプリを移植するしかそのゲームをする方法がなくなります。
OSのアップデート以外にアプリ自体に原因がある不具合が起こったら、そのゲームは二度とプレイできなくなります。

クラウド上にゲームデータが保存されるゲームの場合

ゲームデータを気にされる方は、ほとんどがこのタイプのゲームで遊んでいる方が大半です。
課金ができてプレイの幅が大きくて、やりこみ要素もたくさんあって、ソーシャル要素があって…などなど、魅力が大きいのがこのタイプのゲームですが、その分、ゲームデータがなくなるとショックが大きくかなり凹みます。
このようなゲームは、自分が最初に決めたIDとパスワードがあればデータを復元できるものと、それに加えてアプリに自動割り当てされた独自キーがないと元に戻せないものがあります。つまり、アプリを何度削除してもインストールし直せばいくらでも遊べるゲームと、一度IDを作成したアプリそのものに入っているデータがないとプレイデータを呼び出しできないゲームがあります。
では、自分のゲームがどちらのタイプになるか確認してみましょう。
自分のプレイしているゲーム内にデータ引き継ぎのメニューはありませんか?
最近リリースされているソーシャルゲームはデータ引き継ぎができるゲームが多くなっています。こういうゲームはアプリをインストールすると自動的に独自キーが割り当てられたり、機種変更や修理などでアプリを削除する事情がある場合に、ユーザーの操作で引継ぎ用の独自キーやID・パスワードを任意に発行することができます。こういった場合、プレイしていたアプリの情報がないとゲームデータの復元ができないので、iPhoneに何か起こる前にこのメニューがないかどうかを確認し、存在が確認できたら、iTunesやiCloudでアプリごと保存したり、メモアプリで引継ぎ用の独自キーを保存しておくと確実です。

Large thumb table football 167859 960 720

あまりに突然で手を打てなかったときの最終手段

新モデルのiPhoneだがら故障とは無縁のはず、と思っていてもうっかり手を滑らせて画面を割ってしまい操作できない、ということも起こりえます。
機種変更でもしなければ自分のゲームの引継ぎメニューなんて探すこともないでしょうから、用意がないまま運悪くiPhoneがトラブルにあって対処できなかったら、最終手段としてゲームの運営会社に問い合わせるという方法もあります。
メジャーなゲームタイトルの場合、運営会社によっては救済措置をとってもらえることもあります。
その場合、自分のプレイ内容(ゲームレベル、ゲームのプレイヤー名、使っていたキャラなどプレイヤーであると特定できる情報を)を詳しく申告する必要があります。
ただ、個人的な経験談となるのですが、あまり課金をしていないプレイヤーはスルーされることもあるので、自衛手段を持っておくことが大事だと思います。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!

Side banner mailing repair

Banner recycle

Banner fc