2017年03月15日 修理・分解・工具

iPhoneのスリープボタン(電源ボタン)が効かないとき

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb  rtm0936 tp v

新モデルになるにしたがい、洗練されていくスリープボタン(電源ボタン)のデザイン

洗練されていくデザインのなかでいまだに残る物理キー

iPhoneをはじめとした各種スマホのたいていの操作は、ガラケーにみられるような、スペースを大きく占有する物理キーではなく、ソフトウェア上で作成された画面上のボタン(ソフトキー)で操作を行います。
そうはいっても、ソフトキーで代替できない操作もあり、物理的なハードキーもiPhoneには実装されています。その代表的なものがスリープボタン(電源ボタン)です。こと電源を入れることに関しては、常に携帯するスマホであれば物理キーで電源を入れるのが一番利便性が高いといえます。

スリープボタン(電源ボタン)の故障のときの症状

初期症状(スリープボタンの利きが悪い)

☑スリープボタンの反応が時々悪くなる
☑ボタンをかなり強く押さないと動作しない

すぐに修理を検討すべき!重篤な状態

☑ボタンを押してもカチッと音がしない
☑スリープボタンがへこんで戻らない
☑ボタンが押せた感触がない
☑スリープボタンが効かなくなった

スリープボタンの症状をあげてみました。単にボタンの効きが悪いという初期的なものと、すぐに修理をしたほうがいいと思われる、物理損傷が疑われる重篤なものがあります。初期的な症状は、徐々に操作ができなくなっていくもので、放っておくといずれ後者の状態に移行します。すぐに修理をした方がいいのはボタン自体を動かすことができない状態のときです。
スリープボタン(電源ボタン)の形状はiPhoneの初期モデルであっても使いやすさを優先して大きめでしたが、最新モデルになるに従い、スマートで繊細なデザインになっています。しかし、本体とボタンの間にすき間がある構造をしているので、外部からのホコリや湿気の侵入に弱いというのは変わりません。物理損傷でなくゴミなどが原因と思われる場合は、つまようじなど細い棒状のものでボタンの周囲をやさしくつついたり、爪の先でスリープボタンを軽くはじくなどをするとボタン周りの微細なダストが取り除かれて不具合が解消することもあります。
スリープボタンの内部には操作性を良くするために極小のシリコンが入っており、これが経年劣化により消耗することで操作性が悪くなったり、最悪の場合、操作できなくなることがあります。
ほかにも、衝撃などなんらかの原因でボタンが陥没することもあり、この場合は完全に修理が必要となります。

Large thumb hir87 hutonnouedenerusco tp v

スリープボタンが操作できないとこんなに困る

スリープボタンが多少動かなくても、画面の操作でiPhoneは使えるし、特に困ることもないから…といってそのままにしていませんか?
スリープ状態に移行できないと自分が気づかない間にタッチパネルが反応して誤作動をおこしたり、画面をOFFにできずに常時点灯状態にしているとバッテリーの消費量が激しくなります。バッグやポケットにiPhoneを入れているだけなのに、勝手に誰かに電話をかけてしまうことも。
バッテリー切れして一度電源が切れてしまった場合、電源が二度と入れられなくて困るのでは?と思われた方がいるかもしれません。その場合、充電のためのケーブルを差し込めば電源が自動で入るようになっているので(電源ボタン以外の故障がなければ)、心配はいりません。
しかし、突然の発信で他人に迷惑をかけたり、外出中にiPhoneが使えなくなる可能性が高くなったりと、困った事態になることが考えられます。早めの対処がベターです。

スリープボタン(電源ボタン)の修理にかかる目安

スリープボタン(電源ボタン)はケーブルなど他のパーツと共有している部分もあり、ボタン部だけを外して交換するのではなく、iPhoneをほぼ解体して修理交換を行います。その結果、ボタンの不調だけでなく他の不具合も同時に直ってしまうこともあります。iPhoneのモデルにもよりますが、街の修理専門店に修理時間の目安として、30~60分程度です。修理代金の相場はiPhone4/4Sは数千円、iPhone 5/5S/5Cは7、8,000円、 iPhone 6以降は5,000~10,000円前後となっています。

スリープボタンが動かないときの緊急対処法

時間がとれなかったりして修理に行くことができない方のために、スリープボタンが動かせないときの緊急避難的な方法を紹介します。
実は画面上の操作でスリープボタンの動作を行うことができるんです。iPhoneにはAssistiveTouchという機能があり、簡単に設定することができます。設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchをONにすることで画面上に黒っぽい〇状のボタンが出現します。この画面上のボタンを押すことで各種メニューが出てくるのですが、そのなかにスリープボタン操作でできる画面ロック(画面消灯)やスクリーンショット撮影ができるメニューがあります。

Large thumb fig step setting 06

シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!

Side banner mailing repair

Banner recycle

Banner fc