2017年02月22日 修理・分解・工具

iPhone 6Sの液晶破損修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb dsc 0432

八王子店へお越しいただきありがとうございます!
iPhone 6Sの液晶破損修理を承りましたので、その修理工程をご紹介いたします。

修理前の状態

落とした直後から画面表示が真っ暗のまま変わらず、本体の反応だけがある状態でお持ち込みいただきました。
おそらく落下時の衝撃で液晶が破損したと思われますので、新しいパネルと交換して元の状態にお直しします!

Large thumb dsc 0429

作業開始

まずはパネルをパカっと開いて本体と繋がっているケーブルと取り外します。
ケーブルの端子部分は少しでも傷付くとノイズが入ったり、画面表示ができなくなったりもするので慎重に行います。

Large thumb dsc 0430

パーツの移植作業

パネルが外れましたら、続いてホームボタンやイヤースピーカーなどのパーツの移植作業です。
それぞれのパーツが小さなネジで固定されているので、ひとつひとつ丁寧に取り外していきます。

Large thumb dsc 0431

作業完了です

全てのパーツの移植が終わり、パネルを取り付け直せばなんと作業完了です☆
最後に動作に問題がないかを一通り確認して、お客様にお引き渡しいたします。
無事に画面表示が復活し、ガラスのヒビ割れもなくなったiPhoneを見て、お客様もお喜びになられていました♪
本日はご来店いただきありがとうございました!

Large thumb dsc 0433

シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!

Side banner mailing repair

Banner recycle

Banner fc