2015年11月13日 iPhoneニュース

iPad ProでのHey Siri機能の利用には電源接続が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb 14917 10822 a9x l e1447378420390

新たに発売されたばかりのiPad Proには、最新のiPhone6sとiPhone6s Plusと同じ、M9モーションコプロセッサが搭載されています。しかし、このiPad Proでは、iPhone6sやiPhone6s Plusでは利用可能な「Hey Siri」機能が電源供給されていない状態ではサポートされていないことが判明しました。

Hey Siri機能はM9コプロが担当

アップルはiPhone6sをリリースした際に、「Hey Siri」機能はA9プロセッサに統合された、M9モーションコプロセッサが担当すると説明していました。

iPad Proの販売促進用資料では、A9プロセッサを高速化したA9XプロセッサにM9モーションコプロセッサも統合されていると説明されています。

しかし、iPhone6sとは違い、iPad Proは電源に接続されていない状態では、「Hey Siri」機能が利用できないとのことです。

「Hey Siri」機能は電源接続が必要

iOS9の設定を確認してみると、iPad Proの場合は電源に接続された状態でないと「Hey Siri」機能が使えなくなっているようです。旧機種のiPhoneやiPadも同様で、電源に接続した状態でなければ使用することができません。

電源に接続していない状態で「Hey Siri」機能を利用できるのは、iPhone6sとiPhone6s Plusに限られています。

Apple Watchでも「Hey Siri」機能は利用可能ですが、ディスプレイをオンにしてからでないとSiriは起動しないようになっています。

Large thumb a9x m9 e1447378794744

M9モーションコプロセッサはGPSがなくても、ユーザーの歩数や走った距離を測定することが可能です。

アップルは、A9プロセッサに統合されたM9モーションコプロセッサは従来のM8チップよりも性能が向上し、ジャイロスコープと加速度計を統合することにより、搭載するiOSデバイスの全てでモーショントラッキングの記録が可能になっていると説明しています。


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!

Side banner mailing repair

Banner recycle

Banner fc