2017年08月15日 修理・分解・工具

iPhone 6水没修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb s  3932183

本日ご依頼されたのは、iPhone 6の水没端末の修理依頼でした。
お話しを聞いたところ、2日程前に海で濡らし、それ以降電源も入らないとのこと。
夏場なので、この時期よくある症例……とは言え、海は水没の中でも非常復旧しにくいです。
理由としては、水道水などであれば塩素やカルシウムなどが不純物として入っており、乾くことで腐食(白い粉のような物)が電気の通り道を塞ぎます。
海水は電気の通り道がサビてしまい、コネクタ(家電で言うところのコンセント部分)を抜く際に、根本から外れてしまうケースもあります。
上の写真が今回のお客様のパネル裏になりますが、乾いて塩が固まっていました。
ホームボタンのコネクタにも腐食があります。

洗浄、パーツの交換部分の特定

基盤を取り外し、洗浄していきます。
その間に各種パーツのコネクタ部分も洗浄していきます。
洗浄が終わった後は、腐食部分を更に専用の器具を使用して綺麗にします。
それらが終わると、新しいパネルとバッテリーを借りでつけて、電源を入れます。
電源が入れば、動作の確認を行ってみて、充電端子が生きてるかなど確認します。
ここまでの確認後、元パネルや元バッテリーなどをつけ直し、起動の確認を行います。
今回のお客様は、かろうじてパネルに通電が行われていましたが、縦線が入り、タッチ暴走が起きていました。
バッテリーもつけてみましたが、通電の形跡がなく、パネルとバッテリーの交換が必要となりました。

Large thumb 2017y08m15d 121732818

パーツ交換と動作チェック

全てのパーツを交換し、動作チェックを行います。
タッチも問題がなく、充電も確認がとれ、Wi-Fiにもつながることから、最低限iCloudにてバックアップが取れる条件が整いました!
海に入った水没端末で、ここまで復旧してくれるケースも珍しいです。
正直開けた瞬間は絶望的だと思いましたが、復旧してくれてよかったです。

Large thumb s  3932184

秋葉原店ならバッテリー交換・画面修理・水没修理が安い!


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!