2017年08月25日 修理・分解・工具

iphone6s ガラス割れ修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb 0825 1

iPhone6s、ガラス割れの修理です。

まずはパネルを開きます。

本体下についているネジを外してからの作業となります。

パネルを開いた時に、直角以上に開いてしまいますと本体とパネルを繋いでいるケーブルが切れてしまいますので開きすぎないように注意しながら開きます。

Large thumb 0825 2

パネルを外したら、新しいパネルを仮付けしていきます。

その際、ホームボタンが正常に使えるかどうかの確認もします。

仮付けをし、動作の確認をして問題なければその新しいパネルに部品を移し替えていきます。

Large thumb 0825 3

確認しているところです。

こちらの新品のパネルで問題ありませんでしたので、元々のパネルから部品を外して取り付けていきます。

Large thumb 0825 4

まずはインカメラの部分のパーツを外していきます。

iPhoneのどのシリーズにも言えることですが、こういったケーブルのある部品は細い部分も多いのでちぎれてしまわないように注意が必要です。

イヤスピーカーの部品も取り外し、新しいパネルへと取り付けていきます。

Large thumb 0825 5

次に銀色のパネルを取り外していきます。

ここまでくれば元々のパネルの部品は全て取り外し終わるところです。

ここから新しいパネルへと部品を取り付けていきます。

Large thumb 0825 6

新しいパネルの方に銀色のパネルをとりつけたところです。

ホームボタンは確認の際についているので、その上から取り付けます。

Large thumb 0825 7

続いてインカメラ、イヤスピーカーの部分です。

こちらも取り外した順序と逆に取り付けていくだけです。

ここまでくれば作業も終盤です。

Large thumb 0825 8

部品を取り付け終わったパネルを本体に取り付けていきます。

機種によってケーブルの本数が違うのですが、iPhone6sの場合は3本のケーブルを接続します。

コネクタに取り付けたらカバーを付けます。

Large thumb 0825 9

作業完了です!!

動作確認も済ませ、お客様へのお渡しとなります。

隣には元々割れてしまったパネルがあります。
こうして見ると違いは一目瞭然ですね、新しく生まれ変わったような気分になると思います。
本日はご来店ありがとうございました!

Large thumb 0825 10

池袋店ならバッテリー交換・画面修理・水没修理が安い!


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!