2017年08月29日 iPhoneニュース

なぜAndroidよりiPhoneが選ばれるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb images

世界ではAndroidの方がシェア率が高かった。

日本ではiOS端末(iPhone)が69%、Android端末が30%とiPhoneが優勢ですが、日本以外の国ではAndroidが優勢なのです。

ちなみにその他はBlackBerryなどです。

やはりガラケーというものが使われてただけあって、日本の携帯事情はいつも世界とは真逆のようですね

なぜ日本ではiPhoneが売れてるの?

あまりイメージが無いかも知れないが、実は日本で買うiPhoneは非常に安い。携帯各社が販促のため「端末料金が実質ゼロ円」といった優遇策をとってきたためである。

女子高生の間で「Androidをつかうのは恥ずかしい」という空気感がある。

iPhoneは機能性でも優れているのか?

Androidでは標準のSDカードスロット。
iPhoneにはスロットがありません。
これですね、iPhoneはSDカードに対応してません!iPhoneの内部ストレージにアプリ、画像に音楽など全てのデータを入れてたらすぐに容量いっぱいになってしまいます。

携帯販売店のビジネスモデルとして、顧客への面倒な説明の時間を短縮し、なるべく回転率を上げようという発想がある。その時、iPhoneは顧客に説明する手間が省け、非常に短時間で売ることができるのだ。意識的に販売店はiPhoneを売ろうとするだろう。契約単価としてはAndroidの方がサービスメニューが豊富で高く、利益率が良いのだが、カバーなどの周辺アクセサリでその分をiPhoneは補うことができます。

AndroidとiPhoneって結局どっちが良いの?

・iPhoneは周りに合わせたい人や、かっこいい、またはかわいいカバーを付けたい人や機械音痴の人におすすめです、なにも考えなくても使いこなせます
・Androidはデジタルデバイスを得意とする人や、細かいカスタマイズをした方、そしてSDカードに対応しているので、アプリや音楽、画像に動画など大量のデータを保存しておきたい人におすすめです。

AndroidとiPhoneで比較するのは間違い!

「Android」というのはOS名で「iPhone」というのは機種名です、なのでAndroidと比べる場合はiOSと比べないといけません

iPhoneと比べる場合はAndroidやAndroid端末と一括りにするのではなく、どの機種かも指定して比べなければなりません、ちなみにAndroid端末は、XperiaやGalaxyのことです

最後に、この内容を今ひとつ理解できてない方や、そもそもこの事に疑問を抱かなかった方はiPhoneを買った方が良いと思います。


大宮店ならバッテリー交換・画面修理・水没修理が安い!


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!