2017年09月13日 アプリ・便利機能

iCloudの容量を標準の5GBから増やす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Large thumb 20150511tsubasaios06 cs1e1 x480

パソコン持ってないし、データのバックアップがめんどくさい…。でも万が一事故でiPhoneが使えなくなったらバックアップしていないデータは戻らない。
どうしよう…。
この機会にiCloudの容量を見なおしてみませんか?

設定→iCloud→容量→“さらに容量を購入”をタップします。

5GBまでは無料で提供されていますが、写真などもいっしょにバックアップしようと思うと、5GBでは足りないという方も多いのではないでしょうか。iCloudは5GBまでというわけではなく、オプションで容量を増やすことが可能です。

●iCloudの容量別月額料金
5GB:無料
20GB:100円
200GB:400円
500GB:1200円
1TB:2400円

 となります。20GBであれば100円なので、毎月の安心が買える! と思うと安いですね。かなり写真が多くても、20GBくらいあれば余裕がありますので、万が一ために容量を追加するのも手です。

 iCloudはバックアップにも便利ですが、同じApple IDを使う機器とデータの共有ができます。iPhoneではメモリーカードを使ってデータ交換をするのではなく、クラウドで受け渡しするほうが簡単ですので、複数の端末を使っている場合はもっと便利に使えます。iPhoneで書いたメモを別のiPhoneやiPad、Macで続きを書いたり、Safariの閲覧ページやパスワードも共有できます。

 効率のいいデータ管理のためにも、iCloudを活用してみてくださいね。


大宮【閉業】店ならバッテリー交換・画面修理・水没修理が安い!


シルバーガレージではこちらの店舗でiPhone修理を行っています。

iPhone修理の際には是非お越しください!