カメラ交換修理

症状

・カメラが使えない

カメラ交換修理についてお気軽にお問い合わせください!

カメラのトラブルの種類と修理について

iPhoneのカメラのトラブルのよくある症状

重症度が高い順から

・カメラレンズにキズがついた

・カメラが起動しない

・カメラを起動してもフリーズする

・カメラは起動するが真っ暗なまま

・メインカメラからインカメラに切り替えると真っ暗に

・カメラのピントが合わなくなった

・ゴミや小さな点が写り込む

カメラレンズにキズがついた

落下などの外部ショックによりメインカメラ(背面のリアカメラ)のレンズにキズが発生すると、撮影自体に困難をきたします。このような損傷は早めに修理店へご相談ください。

基本的にiPhoneのメインカメラのレンズはサファイアガラスというかなり硬度の高いガラスが使用されています。通常使用の範囲ならそうそう破損しないものですが、力が一点に加わったり、とても強い圧力がかかると割れてしまいます。

とくにiphone 6、6s、6 plus、6s plusなどはメインカメラ部分が突出しているため強い衝撃や圧迫に弱い形状です。保護ケースやカバーをつけるのがベターです。

カメラが起動しない

カメラを使いたくても起動ができない状態はハード故障の場合もありますが、内部ソフトやシステムトラブルであることがあります。

ソフトウェアのトラブルでないか、以下をチェックしても症状が変わらない場合はカメラのコンポーネントの故障と思われますのでご相談ください。

チェック方法

・デフォルトのカメラアプリを試す

ダウンロードしたカメラアプリを使っているならiPhoneにもともと入っているカメラアプリで動作するかどうか試してみてください。正常に動くならダウンロードしたアプリに問題があります。

・タスクマネージャーで起動中のアプリを終了する

重いアプリを同時に使っていたり、何らかの不具合を起こしているアプリを強制終了することでトラブルが解消することがあります。

・iPhoneの再起動/アプリやiOSをアップデート

一時的なトラブルの場合、再起動することで正常に動くようになることもあります。また、iPhoneの中の各種アプリやiOSが古いバージョンの場合、アップデートで解消することもあります。

・iTunesから復元を行う

iPhoneのシステムに及ぶトラブルの場合、iTunesのバックアップデータを復元すると以前のように使えるようになることがあります。

カメラを起動してもフリーズする/カメラは起動するが真っ暗なまま/メインカメラからインカメラに切り替えると真っ暗になる

フリーズする原因はさまざまあり、起動しないのと同様ソフトウェアトラブルの可能性もあります。

起動しない場合のチェック方法を確認してみてください。

カメラアプリ自体のトラブルの可能性もあります。AppStoreから各種のカメラアプリをインストールしても、カメラが起動できないようであればiPhone内部のコネクタが外れていたり、カメラのハードウェア故障が疑われます。

また、iPhoneには前面のインカメラと背面のメインカメラの2つがあります。いずれか片方のみ動作しなくなるということもありますが、どちらか片方が故障すると両方とも動作しなくなることもままあります。

ほかにも写真のデータ容量がいっぱいになってしまうと、カメラは起動できても画面が真っ暗なままで使用できなくなることもあります。データ残量も注意してみてください。

https://cdn.pixabay.com/photo/2015/02/04/12/38/smartphone-623722_960_720.jpg

カメラのピントが合わなくなった

写真を撮るとカメラのオートフォーカス機能が動作せずピンボケする現象は、iPhone内部やカメラの故障ではなく外的要因によって起こることもあります。その要因を除去することで改善することがあります。

・レンズの周囲のゴミの付着

レンズにゴミや汚れが付着すると、それに影響されカメラのピントが合わなくなることがあります。

カメラ用のブロアー(エアー吹き付け器具)を使用してレンズ周りのホコリやゴミを除去したり、レンズ用のクロスで汚れをやさしく拭き取ります。

・メタルケースや磁気レンズの着用

金属製のiPhoneケースや外付けの磁気レンズなどのアクセサリーを使用するとカメラのオートフォーカス機能を阻害することが報告されています。とくにiPhone 7/7 Plus、iPhone 6(s) Plusの場合はそれが顕著だと言われています。

上記をチェックしても改善しない場合、カメラパーツの故障と思われますので修理店にご相談をお願いします。

ゴミや小さな点が写り込む

これはカメラレンズの内部に細かいチリが入り込むのが原因です。

iPhoneのフロントカメラ(前面のFaceTimeカメラ)は、単独ではあまり故障や不具合が起こりにくいのですが、こういった現象に見舞われることがあります。また、メインカメラにも起こることがあります。劣化したバッテリーが膨張するなど、iPhoneの外装にすき間ができ、そこから細かいゴミが入り込むことで起きてきます。

ホコリの侵入を防ぐには、iPhoneにカバーをつけたり、ホコリの多いところでの使用や保管を避けるという方法しかありません。ポケットの中にiPhoneを入れておくのはとくに注意したほうがいいです。

こういったトラブルはカメラの損傷や故障ではありませんが、機能的な問題が生じていますので、修理店でのパーツ交換、内部清掃等の対応が必要となります。

カメラ交換修理についてお気軽にお問い合わせください!

シルバーガレージではご来店のお客様には即日修理を行っております。

カメラの交換修理につきましても、経験豊富なスタッフが症状の診断と説明を丁寧に行います。

さらに最安料金保証!周辺のお店より修理代金が高い場合はお知らせください。

修理後の3ヶ月保証もあるので安心です。iPhoneの修理はシルバーガレージにおまかせください。