スピーカー交換修理

症状

・音が聞こえない

・音、通話が聞こえない

・マイクが声を拾ってくれない

・イヤホンを挿しても音が聞こえない

スピーカー交換修理についてお気軽にお問い合わせください!

スピーカートラブルのよくある症状

※スピーカーは音(声)の出力に関するパーツで、音声入力(録音)はマイクです。

音が出ない

・通話時に相手の声が聞こえない

・音楽や動画の再生時に音がしない

・突然、着信音・サウンドの音が極端に小さくなった

・音量操作をしても反映されない

音割れ、音がこもる

異音、ノイズが入る

iPhoneのスピーカーの種類

《イヤースピーカー》

イヤースピーカーはiPhoneのディスプレイの上にあります。ピンホールのように小さいフロントカメラの横、最上部の近接センサーの下にあり、細長いメッシュ状をしています。通話のときによく使います。

《ラウドスピーカー》

ラウドスピーカーはiPhoneの底部、充電コネクタの向かって右手にあります。丸い穴がポツポツ空いた形状の内部に格納されています。

iPhoneのサウンドや操作音、着信音、音楽や動画などのメディア再生音はここから鳴っています。

スピーカーの故障でないかのチェックポイント

案外うっかり見落としがちな点ばかりですが、念のため確認してみてください。

・サイレントモード(マナーモード)になっていないか

本体向かって左側面上方に板状のスイッチが設置されています。ボタンが暖色系の色になっているとサイレントモードとなっており、音(声)がでません。

・ボリュームが最小となっていないか

サイレントスイッチの下にボリュームボタンがありますが、上にあるボタンを押して音量を上げてみてください。

音量調節時に『ヘッドフォン』と表示される場合はイヤホンが接続されていると認識されています。

・イヤホンを外す

イヤホンを接続しているとスピーカーから音声出力されません。

接続していない状態で音量調節をしたとき、画面に『ヘッドフォン』が表示される場合、イヤホンジャックにゴミやホコリなどの異物が詰まっている可能性があります。綿棒やコヨリなどで異物を除去してください。

・スピーカーをふさぐ形状のケースやカバー

イヤースピーカーはそうでもないと思いますが、底面のラウドスピーカーをふさぐようなカバーを装着すると、電話の着信音などが聞こえなくなることがあります。

・ボリュームボタンを押しても音量バーが出ない

本体向かって左側面上方に上下のボリュームボタンがあり、

ソフトが原因の音声出力トラブルが多発

iPhoneのスピーカーパーツは比較的強度があり、トラブルが生じても物理故障だったというケースはあまりありません。ただし、スピーカーは他のパーツと同様にホコリや湿気の影響を受けやすく、防水対応モデル以外は、高温多湿の環境下、特に浴室での使用に弱く不調が起こりやすいです。ただし、こういった水濡れ故障を除くと、システム的な問題によりスピーカーのトラブルが発生していることがほとんどです。

前項の故障のチェックポイントを確認しても症状が変わらなければ、それとは別にシステムの設定やソフトが原因でないかの確認をおすすめします。

iPhone全般にもいえることですが、スピーカーのトラブルを防止したり長持ちさせるには、①粉塵が多い場所での使用を避け、できるだけカバーを装着する、②湿気の多い場所や水濡れしないよう注意する、③定期的な清掃を実施する、以上がスピーカーの故障を避けるコツといえます。

システムや設定の問題かチェック

・iPhoneの再起動/iOSをアップデート

システムの一時的なトラブルで各種の不具合が生じることがあります。電源の入れ直しで解消することがあるので試してみてください。

また、iPhoneの中の各種アプリやiOSが古いバージョンの場合、アップデートで解消することもあります。

・Bluetooth機器の接続を切る

Bluetoothは無線で各種機器を操作できるシステムですが、まれに、接続状態に設定されたまま、音(声)が外部出力状態となってiPhoneから音(声)が出ないことがあります。

ホーム画面の『設定』⇒『Bluetooth』⇒オフ

を確認してみてください。

スピーカー交換修理についてお気軽にお問い合わせください!

シルバーガレージではご来店のお客様には即日修理を行っております。

スピーカーの交換修理につきましても、経験豊富なスタッフが症状の診断と説明を丁寧に行います。

さらに最安料金保証!周辺のお店より修理代金が高い場合はお知らせください。

修理後の3ヶ月保証もあるので安心です。iPhoneの修理はシルバーガレージにおまかせください。